マンション・ビルの大規模修繕



建物は一般的に10年で外観・屋上防水工事、15年で配管・機器の更生・更新20年で大規模改修が必要と言われています。

この修繕周期に適切な処理を行わなければ、建物の快適性が失われるだけでなく安全面でも脅かされてきます。

当社では、建物の老朽化を遅らせて寿命を延命し、長期にわたって建物環境が良好な状態に維持できるよう常に最新の技術を採り入れ、より高品質な工事を実践しています。

また、時代の変化に対応した最新設備の導入を積極的に行っています。これまで培われた30年の豊富な経験をフルに活かして日々技術とノウハウを研鑽し、お客様の信頼と期待にお応えします。



調査から工事の流れ






建物の調査。診断に見落としがあると、工事のムダになりかねません。
当社は、最新の診断技術を採用し、細心の注意を払って行います。

調査・診断の結果は、長期的な視野にたった分析を行い、「調査・診断報告書」と「長期修繕計画書」を作成。建物の老朽化と昨日を延命させ、維持コストを合理的に運用するために大きな役目を果たします。

また工事中も様々な試験を繰り返し、建物や設備の機能を最大限に回復させることに最善の努力を尽くします。










 会社概要

 


関 連 会 社